ブログ:エアロームの参画日記/写真撮影by堀木、制作by吉田

エアロームの参画日記

男女共同参画をテーマにしたブログ。会員が持ち回りで日々感じたことを書いています。
<< わいせつかセクハラか。自民議員らの面前で。 | main | 男性の子育て―「育児をしない男を、父とは呼ばない。」 >>
少子化は女性の社会進出のせいなのか?
参画eyeの今月のテーマは女性の社会進出と少子化
「女性の社会進出が少子化を加速する」という考え方について、あなたはどう思いますか? を訊ねている。

少子化は女性の社会進出のせいではない、という意見がけっこう来ている。
さらに現状を踏まえては、
だから仕事と子育ての両立を目指していかなければというものやら、両立は無理というものやら。

多くの女性は一旦は就職するので、社会進出をしている。これはさほど昔と変わらない状況なので、少子化の要因にはならないのは明白。
本当は厚生労働省が間違った分析で公表したせいだと思う。

私も専業主婦の前は働いていた。が、相手が遠くに転勤になったので仕事を辞めてついていった。夫にはついて行くものと勝手に思い込んで、将来のキャリアを逃したクチだ。
とすれば本当は、「少子化は女性が仕事を辞めなくなったし、結婚しなくなった、ゆえに子どもを産まなくなったせい」と言いたいのだと想像する。
女性が高学歴になったせいという分析も付いていたようだったと記憶しているけど、高学歴だと結婚するのに見合う相手が見つからないという分析も的外れだったようだ。
女性も男性もだけど、相手がいないと結婚できないもんね。だったら女性だけのせいじゃないもんね。

そして、これには腹立つんだけれど、女性のせいにする根拠はいつも、子どもと母親をセットにした「母性神話」と三歳児神話という働く女性にとってとても辛いデマなんだ
だけど、だから女性の就労の場がうまく機能していないので何とかします、というための要因説なのか? 女性は家庭に帰れということではなく、すごく好意的に受け止めればね。

その図式は、
子育てには専業主婦が一番かというとそうでもありませんよ、「父親が育児なし」だとまた別の弊害が子育てには出ます、だから父親も育児してください、子どもも父親にかまってもらったらそのほうが幸せだし、女性も働きながら子育てして夫婦で経済的にゆとりをもってください、企業もそのために協力します、日本中が子育てに協力します、子育ての環境を良くしますから産んでね、
という図式。(とても端折っていますが)

それに対して従来の考えかたからの図式は、
女性は家庭に帰れ、今までそれでうまく行っていたではないか、子どもにとっては母親が育てるのが一番、他人に子ども預けてどうする、女性がわがままになって両立させようなんて、そもそも子どもがかわいそう、家庭を大事にしない子育てを嫌がる女性なんて俺は認めない、今までのままで何が悪い、男性にしてみれば女性が家庭をしっかり守らなくなったら安心して外に出られないじゃないか、男性の育児参加はやってもいいけど過労死しない程度に出来るヤツはそうしろ、俺が稼ぐから俺の給料でなんとかしろ、俺が死んでも子どもとお前が生きていけるように考えてやるから、
とまぁこういう図式だよね。(本音と建前を言わせればきっと違うけど、やっぱり女性が変わったから少子化になったという女性のせい)

でもね、
がんばる「俺」はご勝手にと思うけど、他のさまざまな家庭状況のことなんて考えてないし。家庭がうまくいくかどうかは俺が主体だから妻のことは気にもかけちゃいないんだ、と思ったな。

子育て中の女性は、結婚ってこんなはずではなかったと、忙しいにもかかわらず何かやりたい思いにかられる。
産むのは女性は一生をかけての選択だ。子どもの幸せも含めて家庭が安心できることが一番、良い夫かどうか、自分のキャリアはどうするかを天秤にかける。結婚も出産も男性よりは女性なら誰だって悩む。産む女性が主体であるのは間違いない。みんな女性から産まれるのだから。でもこんなの昔からだから、少子化の原因は女性だけのせいではない。

しかしではどうすれば少子化は防げるのかっていうことですけど、
今までのままではいけないこと。「安心して産める選択肢が多い社会」をつくることだと思う。
それなら、女性はそのとき最善の選択をしたんだという後悔しない人生がおくれるし、 刻々と変わる女性のライフスタイルの中にあっても、きっと大丈夫な女性が増えるはず。
女性はお手本も見て選択するのだから、高齢女性のことも少子化とはセットに考えないとね。今よりは悲しむことのない女性が増えていくことを私は願っている。
| ichigo | 参画ニュースから | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
@
@









@
@
http://blog.aerowm.org/trackback/345657
@
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページ先頭へ