ブログ:エアロームの参画日記/写真撮影by堀木、制作by吉田

エアロームの参画日記

男女共同参画をテーマにしたブログ。会員が持ち回りで日々感じたことを書いています。
<< 6/2(土)「続・女性専用車両ってなぜ必要なの?」を開催します | main | 7/7(土)エアロトークサロン「駅の安全を考える・バリアフリー&ホーム柵」に行ってきました。 >>
6/2 エアロトークサロン「続・女性専用車両ってなぜ必要なの?」にいってきました!
6月2日土曜日、柏市民活動センターで行われた、エアロトークサロン「続・女性専用車両ってなぜ必要なの?」に行ってきました。

「続」ということですが、女性専用車両の歴史や海外での設置例、法的な問題、過去の新聞記事などから「女性専用車両とは?」といった内容もありました。
前回にも取り上げられた「地下鉄御堂筋事件」は何度聞いてもぞっとする性犯罪ですが、性犯罪についての刑罰があまりにも軽いことにも驚きました。
女性に限らず男性にとっても自分自身やパートナーの性が公然と脅かされ、その犯罪者が少しの刑期や罰金で平然とまた日常生活が送れるという現状に憤りを覚えるでしょう。バッド

フリートークは、まず、女性専用車両の賛否から始まりました。賛成・反対・どちらでもないと分かれましたが、それぞれの意見は「困っている人がいるなら必要」、「痴漢対策とか、女性の社会進出促進のために何の抜本的対策をなさずに、問題を回避しているに過ぎない」、「働く女性が増えたらどうするのか、将来性がない」など、総合的には女性専用車両が必要である日本社会のありかたを問題視していました。

将来的に「女性専用車両」はどうなっていくのか、については、現在の導入経緯のあいまいさ同様、無くなるタイミングとしては「女性専用車両をめぐった事件が起きたら無くなるだろう」、「実際に廃止にすることになったら誰が反対するのか」という意見があったように、導入も廃止も確固たる指標が全く無い政策であることが明らかになりました。

後半は、痴漢対策にしても、女性の社会進出にしても、何がこの女性専用車両を生み出したのか、という内容について話し合いが活発になり、この女性専用車両に限らず、困っている人や、社会的な弱者、守るべき存在等、他者に対する配慮という道徳心の欠如が問題にあがりました。武士道や騎士道に代表される人としての生き方という信念の無さが、現代日本社会の問題を生み出していると感じさせられました。撃沈

フリートークホットコーヒーは2時間近く繰り広げられ、ここには書ききれない素晴らしいお話が沢山聞けました。嬉しい


次回は、7/7(土) 「エアロトークサロン/駅の安全を考える〜バリアフリー&ホーム柵」です。日の出

また、違った側面から活発なお話が期待できそうです。
| muu | - | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
@
@









@
@
http://blog.aerowm.org/trackback/649982
@
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページ先頭へ